同人誌部門トップ > 緑陽社はすべてが高精細! > その2:本文に最適な高精細印刷

緑陽社はすべてが高精細!その2 "シャープ"で"なめらか"に。本文に最適な「最精細印刷」

緑陽社の「本文印刷」はシャープでなめらか!

大台印刷機
当社は"大台印刷機"を活用し、トーンはシャープに、グレーはなめらかな印刷をご提供しております。お預かりするデータに適した印刷を行うため"スクリーニング"という、グレーをドットで表現する技術で「本文AM印刷」または「本文FM印刷」の2つの印刷方法をご提案しております。
※原則として200部以上のマンガ本に対して【大台印刷】【高精細印刷】を行っております。

「本文AM印刷」と「本文FM印刷」の特徴

「本文 AM 印刷」 と 「本文 FM 印刷」 の比較

本文AM印刷

本文FM印刷
本文FM印刷
本文 AM 印刷
トーンの1つ1つのドットをきれいな正円で表示し、すっきりとしたグレーを表現します★
同人誌で平均的に用いられている線数は125線ですが、当社の大台印刷機では150線。その為、なめらかな諧調を実現!
本文 FM 印刷
大台印刷機でFM印刷を実現。FM印刷のグレーは薄墨を使って筆で描いたようなベタで、モアレ解消にも効果を発揮★
POINT
モアレが発生しない場合はAM150線で印刷します。FM印刷のグレー再現をお好みの方は、予めご申告いただければモアレの有無を問わずご利用いただけます。

FM印刷のご注意

本文用紙
FM印刷のドットは極めて微小なため、紙の凹凸に影響を受けます。毛羽立った紙などには、凹部分にドットが微妙に着かない場合があります。その為、均一なグレー/グラデーション/60%以上のグレーなどが広範囲にあった場合は、ムラが発生する場合があります。
モアレの発生するページのみをFM印刷することも可能です。ただし、FM印刷とAM印刷の両用により違和感のある印刷になる場合などはご相談させていただく事がございます。
モノクロ2階調されたデータは、FM・AMの再現差は一切起きません。
※FM印刷でも解消出来ないモアレがあります。ご了承下さい。
  • 初めてのお客様
  • 自動見積&予約はコチラ
  • 緑陽社はいつでも最大50%OFF、納品数+50部増量サービス実施)
  • 〆切 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリンピック会場問題署名のお願い(署名サイトへ)
  • オリジナルグッズ制作部門
  • 緑陽MyPageでできること
  • FAQよくあるご質問
  • スタッフ募集

営業日カレンダー

当社定休日
  • 納品依頼フォーム
  • 同人誌づくりに役立つコラム
ページTOPへ