2014.12.10 多色印刷

【多色刷りの世界 おまけ】濃い白を出したい!

オフセット印刷というのは、紙にインキを薄~く乗せることで精密な仕上がりを実現しています。
 
しかし、インキの層が薄いぶん、濃い色の用紙では白止めを行っても紙色が透けてしまうことがあります。
そのような場合、白で押さえ切るために白を二度、三度と刷り重ねることがあります。
 
COMITIAさん発行の30周年記念冊子のカバーはトレペを不透明にするため、白8度刷りを行っているとうかがいました。
すごい…!
 
comitia+
↑『コミティア30thクロニクル』
 
またインキの層を厚く印刷するためには「シルク印刷」という手段もあります。
シルク印刷版はオフセット印刷よりもインキを厚盛りすることができます。(当社オプションの「厚盛りニス」等もシルク印刷です)
「精密さ」という点では劣りますが、盛った分だけ存在感のある仕上がりが期待できます。
別途お見積となりますが、ご相談を承ります。
 
▼『コミティア30thクロニクル』第1集~第3集の詳細はこちら!
http://www.comitia.co.jp/30th-chronicle.html

  • 初めてのお客様
  • 自動見積&予約はコチラ
  • 緑陽社はいつでも最大50%OFF、納品数+50部増量サービス実施
  • 〆切 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリンピック会場問題署名のお願い(署名サイトへ)
  • オリジナルグッズ制作部門
  • 緑陽MyPageでできること
  • FAQよくあるご質問
  • 採用情報

営業日カレンダー

当社定休日
  • 納品依頼フォーム
  • 同人誌づくりに役立つコラム
ページTOPへ