head_manual_il

Illustratorの保存設定

 

カラー表紙・カラー本文 色刷り・多色表紙 モノクロ本文
形式 AI EPSまたはAI EPSまたはAI
トンボ 必須 ★下記の『トンボ作成手順』参照※トンボを付けるためだけのイラストレーターの使用はお控えください。
フォント すべてアウトラインをとってください★下記『フォントのゴミについて・とり方』参照

※アウトラインのとれないフォントはご相談ください(例:モリサワの一部フォントなど)

出力見本 必須 (GIF・JPG・PDF等)※完成画像のサンプルを作成し、一緒にご入稿ください。
アートボードのサイズ 本の「仕上がりサイズ」でご作成ください

 

配置画像

画像形式 解像度
PSD(推奨)または EPS ※レイヤー統合済 【カラー】350ppi
【グレースケール】600または1200ppi
【モノクロ2階調】600または1200ppi
【(多色表紙の)CMYK】600または1200ppi

 

配置画像の注意

  • 画像の『埋め込み』は原則として行わず、『リンク』にしてください。
  •  ※配置したデータを同じフォルダ内に保存してください。
  • ・EPS保存時は『画像を含める』にチェックを入れて下さい(メディア容量をオーバーする場合はチェック不要です)
  • 配置画像は原寸サイズで作成して下さい。
    ※配置の際に画像の倍率を変化させると画像解像度はそれに比例して粗くなったり、過重になったりします。
  • ・Illustrator上でオブジェクトのオーバープリント指定をかけている場合は必ず出力見本にその場所を注意指定して下さい。
  • 配置画像のズレやマスク漏れなどがないかの確認のため、かならず出力見本をつけてください。(サンプル画像でも出力紙でも結構です。)

 

EPS形式の保存設定(カラー、グレースケール、モノクロ2階調ともに)

カラーまたはグレースケールの場合 モノクロ2階調の場合
プレビュー Windows:TIFF8bit / Mac:Macintosh8bit Windows:TIFF1bit / Mac:Macintosh1bit
オプションのチェックボックス 全てチェックを入れる
ポストスクリプト レベル3
備考 ※画像の『埋め込み』は行わず、配置した画像データを同じフォルダ内に保存してください。

 

 

アートボードで本文原稿を作成する場合(CS4以降機能)

CS4以降はトリムマーク(トンボ)を作成せず、アートボードを作成物のサイズにして、原稿の作成が可能です。
新規ドキュメント作成例:A5本文

上記設定で画像が作成されます。赤い線までが塗り足しになるので、
断ち切りまで画像を作成する場合、必ず赤い線まで絵を描くようお願いいたします。

 

トンボ作成手順

1.出来上がりサイズのオブジェクトを【線幅・塗りなし】で作る
2.オブジェクトを選択し、上部メニューより以下の手順で作成する(バージョンにより異なります)
 8~CS3 >>【フィルタ】→【クリエイト】→【トリムマーク】→【トンボの線色=レジストレーション】
CS4 >>【効果】→【トリムマーク】でトンボを作成後、【オブジェクト】→【アピアランスの分割】
CS5~CC >>【オブジェクト】→【トリムマークの作成】
※断ち切りの画像は天地左右3mmずつの塗り足しを作って下さい。
※トンボの外に画像がはみ出さないように余分な画像は消去するかマスクで隠して下さい。

 

フォントのゴミについて・取り方

 

■フォントのゴミについて■

Illustratorでは、打った文字を消去したり、文字カーソルをクリックしてI(アイ)ビームポインタにしただけで、テキストポイントが文字として残ります。
最終的に『ファイル』→『書類情報』で『フォントの詳細』が「なし」になるまでゴミ(孤立点)を除去して下さい。

■フォントのゴミの消し方■ (バージョンにより、異なる場合がございます)

【方法1】 『選択』→『オブジェクト』→『余分なポイント』→『delete』

【方法2】 『編集』→『選択』→『孤立点』→『delete』

  • 初めてのお客様
  • 自動見積&予約はコチラ
  • 緑陽社はいつでも最大50%OFF、納品数+50部増量サービス実施
  • 〆切 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリンピック会場問題署名のお願い(署名サイトへ)
  • オリジナルグッズ制作部門
  • 緑陽MyPageでできること
  • FAQよくあるご質問
  • 採用情報

営業日カレンダー

当社定休日
  • 納品依頼フォーム
  • 同人誌づくりに役立つコラム
ページTOPへ