グッズ部門トップ > RGB原稿作成上のご注意

RGB原稿作成上のご注意

Photoshop以外のソフトもOK!

「SAI」や「CLIP STUDIO PAINT」「FireAlpaca」など
さまざまなアプリケーションで作成された RGBデータをお受けできます。 ※保存形式はPSDでお願いします。

データ保存時、プロファイルを埋め込んでください

弊社は原則的に、お客様が埋め込まれたプロファイル通りにデータを開きます。
ただしプロファイルが埋め込まれていない場合、お客様の作業環境を再現することはできません。
※埋め込みがされておらず、作成環境が不明の場合は、弊社が標準としている「Adobe RGB」の プロファイルでデータを開きCMYKへ変換しております。

■ SaiやFireAlpacaなど、プロファイルが埋め込めないソフトを利用される場合

ご入稿時に「データ仕様書」へ「作業されたアプリケーション名」をご記載ください。
弊社でデータを開く際「sRGB」で開き、それからCMYKへの変換をすることで、
極力お客様のイメージに近づけるよう工夫しております。

■ sRGBで作成したデータをAdobe RGBで開くと主にどういった問題が出てくるの?

…一番多いケースは「肌が赤くなる」という現象です。
これは、国際規格であるsRGBよりも Adobe RGBの持つ色域が広いことにより、お客様がsRGB環境で目視している色よりも鮮やかな色として再現され、 それをCMYKに変換することで、色が「強く」感じられることが原因です。
仕上がりに関しご質問があれば遠慮なく営業担当までお問合せください。

プロファイルの確認方法 (Photoshop・CLIP STUDIO PAINT)

■ Photoshopの場合

guide_rgb01
guide_rgb02

 

 

■ CLIP STUDIO PAINT:EXの場合

プロファイルは[表示]メニュー→[カラープロファイル]→[プレビュー設定]で、
カラープロファイルプレビューダイアログを表示します。
「プレビューするプロファイル」の設定を行うと、カラープロファイルプレビューが有効になり、
設定したプロファイルでイラストが表示されるようになります。

colorpro

保存する際にはダイアログの「表現色」を指定して「ICCプロファイルの埋め込み」に
必ずチェックをつけて保存してください。

プレビュー設定で設定したプロファイルが埋め込まれます。

kakidasiRGB

グッズ部門トップへ  このページのトップへ