2016.10.17 特殊加工

分厚い本をキレイに作るコツ

800ページの本


緑陽社のセット商品が「本文800ページ」まで対応となりました!

そこで、今回は「分厚い本をキレイに作るコツ」をご紹介します。

■表紙作成のポイント

800ページの背幅

【背幅がずれる!?】

本が分厚いほど、計算上の背幅とのズレが生じます。
今後、「自動見積&予約システム」で表示される背幅は
実際の冊子の背幅をもとに調整を加えてまいりますが、
それまでの間、下記の表を参考にご作成ください。

★実際の背幅

本文用紙 400P 500P 600P 700P 800P
コミックルンバ
84kg
27.6mm 34.6mm 41.3mm 48.2mm 55.0mm
コミックルンバ
ナチュラル62kg
22.3mm 27.9mm 33.0mm 39.0mm 44.0mm

※上質70kg、90kg、110kg、クリーム書籍用紙72.5kgは、ほぼ自動見積通りの背幅となります。

しかし、計算上の背幅通りに原稿をお作りいただいても、
製造工程の違いによる個体差がどうしても生じてしまいます。
そこで、「ズレが目立たない表紙デザインのコツ」をお教えします!


【分厚い本にオススメの表紙デザイン】

①表1-背-表4が繋がっている
atsumono_img1

②背文字は折り目より内側に収まっている
atsumono_img2

③表1、表4のデザインは背から離して配置している
atsumono_img3


【ズレが目立つ表紙デザイン】

①背の色が分かれている
atsumono_img4

②背ぴったりに文字を配置している
atsumono_img5

③表1、表4の端に飾り枠がある
atsumono_img6

■本文作成のポイント

【読みやすい本文にするために…】

無線綴じの冊子は、背を糊で固めて製本します。
このため本が分厚くなるほど開きにくくなり、
ノド(本の綴じ側)にある絵や文字が見えづらくなります。

atsumono_img7

ノド付近が読めなくなってしまうのを防ぐため、
余白を多く取るようにしましょう。
概ね <25mm程> の余白があれば問題ありませんが、
お好みにもよりますので、
お手元の分厚い本を実際に測っていただくのがオススメです。
atsumono_img8

■分厚い本もきれいに開く!「PUR製本」

どうしてもノド側いっぱいまで開けるようにしたい…
そんな時は「PUR製本」がオススメ!
背の糊を優れた柔軟性を持つ「PUR」にすることで、
厚みのある本でも開きやすくなります。

atsumono_img9

詳しくはこちら

※PUR製本をご希望の場合は個別見積となります。
お見積の依頼は『見積依頼フォーム』からお気軽にどうぞ!

  • 初めてのお客様
  • 自動見積&予約はコチラ
  • 緑陽MyPageでできること
  • 緑陽社はいつでも最大50%OFF、納品数+50部増量サービス実施
  • 冬コミ〆切 〆切一覧 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリンピック会場問題署名のお願い(署名サイトへ)
  • オリジナルグッズ制作部門
  • FAQよくあるご質問
  • 同人誌づくりに役立つコラム

営業日カレンダー

当社定休日
  • 納品依頼フォーム
ページTOPへ