head_manual_word

Wordの保存設定

用紙設定 原寸サイズ(断ち切りに図柄がある場合、原寸サイズ+塗り足し上下左右に3mmで設定)
余白設定 自由に設定可能です。
印刷設定 標準 または 見開きページ
配置画像について 形式 JPG(推奨)・ EPS ・PSD形式
解像度 300ppi以上
■ トーンを使用した原稿を挿入する場合、 モアレの危険性が高くなります。
■ 解像度が300ppi以下の画像を使用すると画像や線が荒くなります。
出力見本 不要
保存形式 Word(doc、docx)形式 
備考 ※Word入稿の場合、PDF校正のため〆切が1日前倒しとなります。>>詳細
★PDF変換したデータをご入稿の場合は〆切前倒しなし! >>PDF書き出し方法
※トーンを使用している挿絵ページなどは、該当部分のみEPS・PSD形式でご入稿いただくことも可能です。
その場合、どのページにどの挿絵が入るのか、予約・発注時備考欄や台割表で必ずご指示ください。
挿絵ページにもノンブルを入れてください。
<断ち切りにかかる絵柄や飾りフチがある場合>
Wordの設定サイズを手動設定で【原寸サイズ+塗り足し上下左右に3mmずつ】にし、
画像は外枠一杯まで配置してください。
Word専用テンプレート(本文用)テンプレートファイルはdoc形式です。A5・B6・新書は、1段組・2段組の2種類がフォルダ内に入っています。

テンプレート A5 B6 新書 A6(文庫)

 

用紙設定
  • 用紙サイズは出来上がりの規格(原寸)サイズで作成して下さい。
  • ・原則として拡大・縮小は致しません。
  • ・新書判等の規定サイズに無いものは、幅・高さに数値を入力して下さい。
    規定値として設定すると、ファイルを作成する毎に設定する必要が無くなり便利です。
  • ・断ち切りの絵柄にしたい場合は、ここで上下左右に3mmずつプラスしたサイズを設定します。
  •  柱文字のデザインや罫線がタチキリになる場合も、必ず上下左右均等に3mmずつ大きく原稿データを作成して下さい。
  • 【例】A5なら 幅:148+3+3=154mm  高さ:210+3+3=216mm

 

余白設定
  • ・上・下・内側・外側・とじしろはそれぞれお好みの設定が可能です。
    ページ数の多い場合は、余白を広めにとると読みやすくなります。
  • ・断ち切り分の3mmをプラスして用紙設定をした場合は、余白の設定もプラス3mmでお考え下さい。
  • ・複数ページの印刷設定は“標準”または“見開きページ”のどちらかに設定。標準に設定した場合は、とじしろの設定はできません。

 

その他
  • ・ヘッターやフッターで、柱文字やノンブルの位置やレイアウトを設定します。
  • ・ノンブルは必ず通し番号で設定して下さい。
  • ・原則として作品1点につき1ファイルのワードデータのみでご入稿下さい。
■ノンブル位置設定■
[挿入]→[ページ番号] 上・下、右・左・中央に設定できます。■ノンブルの設定方法■
[ページ番号]→[書式の設定] ページ番号の書式や開始ページ数の指定ができます。

 

画像を挿入する場合
Wordに挿入する画像ファイルの形式はjpgを推奨します。(PSD,EPSも可)

  • ・挿し絵など一部で画像を使用する場合、Wordの用紙設定で全体のサイズを天地左右に各3mmずつ大きくしてください。
  • ・トーンを使用した原稿を挿入する場合、モアレの危険性が高くなりますのでご注意ください。
  • ・挿絵部分のみ原寸のEPSデータとしてご入稿いただくことも出来ますが、ノンブルを必ず絵柄の中に入れてください。
    ノンブルが無い状態での乱丁、落丁にはご対応できないことがございます。ご了承ください。
  • ・挿入する画像の解像度は、300ppi以上で作成してください。解像度が低い画像はプリンタ出力やモニタ画面ではきれいに見えても、印刷すると粗く汚い仕上がりとなります。
  • ・市販の画像編集ソフトによっては解像度を扱えないものもありますのでご注意ください。

 

Word入稿においての注意とお願い
PDF校正にお時間をいただくため、〆切が1日早まります。
Wordのままご入稿頂く場合、規定の〆切の1日前にご入稿ください。
弊社で印刷用のPDFに変換を行い、文字化け等がないか校正をお客様へご確認いただくサービスを行っております。
【スケジュール】
Word入稿は〆切の1営業日前AM中にご入稿ください。
〆切当日の12時までに校正完了いただけるようお願いいたします。<スケジュール例>
【ご入稿:〆切前日のAM中】→【PDF送信:〆切前日のPM中】→【校正】→【校正終了:翌日の〆切当日AM12時迄】
「Word2007」以降のバージョンをご利用のお客様は、ご自身でPDF保存していただくことをお勧めいたします。>>詳細【ご入稿メールに次の3点を必ずご記入ください】
・使用OS(Mac・Windows)とそのバージョン
・Wordのバージョン(2010・2007・2003・2000など)
・使用したフォントの一覧【注意事項】
校正時に文章の修正などは出来ません。この校正は文字化けなど、システム的なトラブルをチェックする為のものです。

 

●バージョン違いによる問題が、深刻なトラブルの原因となる場合があります。
Wordのバージョン、OSのバージョンは必ず入稿時にお知らせ下さい。
お知らせいただけなかった場合、バージョン違いが原因によるトラブルについては責任を負いかねます。
●フォントによっては、ご利用いただけないものがあります。
Wordデータで使用するフォントは、PCにはじめからインストールされているもの(MS明朝など)のみとすることを推奨します。
それ以外のフォントをお使いの場合は、フォントファイルを添付して頂く等の方法でおおむね対処出来ますが、
フォントによっては添付して頂いても当社で印刷用PDFを作成する際に使用できない物もあります。
その場合は別のフォントに変更したり文字組を調整して頂いた上で再度のご入稿をお願いすることとなり、〆切に間に合わなくなる可能性もございます。
お持ちのフォントが使えるかどうか心配な場合は、事前にテストデータをお送り頂き、スタッフと打ち合わせをしていただくことをお勧めします。
●ワードアートは正しく再現できない場合が非常に多いです。
ワードアートは印刷用のPDFに変換した際、正しく再現できない場合が大変多いです。
文字のカゲやフチなど複雑なデザインは、Photoshopなどで画像ファイルを別途作成してWordデータに挿入するようにしてください。
PDFでの原稿作成について
PDF形式でご入稿の場合、校正がありませんので〆切の前倒しは必要ございません。

下記のバージョンでは簡単に書き出しが可能ですので、ぜひPDF形式でご入稿ください(推奨)
「Word 2010」以降:ソフト内に書き出し機能をご利用ください
「Word 2007」:マイクロソフトのサイトから無料で提供されています。
「Mac OS X」: 標準でPDF出力できる機能がついています。

 

PDFファイル閲覧用ソフト[Adobe Reader]はAdobeのサイトにて無料でダウンロード出来ます。
ダウンロードはコチラから↓
ご質問等ございましたら、「件名:Wordを使用したPDFファイルでの入稿について」として、
[OSのver、ソフトのver、簡単なご利用環境、お名前、連絡先アドレス等]をご記入の上、info@ryokuyou.co.jpまでお問合せください。
  • 初めてのお客様
  • 自動見積&予約はコチラ
  • 緑陽社はいつでも最大50%OFF、納品数+50部増量サービス実施
  • 〆切 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリンピック会場問題署名のお願い(署名サイトへ)
  • オリジナルグッズ制作部門
  • 緑陽MyPageでできること
  • FAQよくあるご質問
  • 採用情報

営業日カレンダー

当社定休日
  • 納品依頼フォーム
  • 同人誌づくりに役立つコラム
ページTOPへ