Photoshop原稿作成マニュアル

▼PC版「Photoshop」  ▼iPad版「Photoshop」

Photoshopの保存設定

カラー表紙・カラー本文 色刷り・多色表紙 モノクロ本文
カラーモード

・CMYK

・RGB

・グレースケール

・モノクロ2階調

・CMYK (2色以上の場合)

・グレースケール

・モノクロ2階調

画像解像度 350ppi(推奨)

カラーモードに関わらず

600または1200ppi

【グレースケール】600ppi ※300ppiでも構いませんが若干画像が粗くなります。
【モノクロ2階調】 600または1200ppi
形式 PSD(推奨)または EPS
トンボ 不要 ※ぬりたし(天地左右に各3mmずつ)を含めたサイズでOK >> 原稿サイズについて
出力見本 任意 ※色味のご希望がある場合は、必ずプリントした見本をお送りください 任意 ※複雑なデザインの場合は色のイメージ画像(JPG、PDF等)をお送りください

ご注意事項

  • ・不要なパスやチャンネルは削除してください。
  • ・全ての画像を統合し、フォントやレイヤー、レイヤー効果が残らないようにしてください。
  • ・多色刷表紙や箔押し等でレイヤーを分ける場合、フォントはラスタライズし、レイヤー効果が残らないように保存してください。
  • ・RGB入稿の場合、必ずプロファイルを保存してください。 >>RGB入稿について
     プロファイル埋め込みが無い場合、AdobeRGB(1998)からCMYK変換を行います。

※EPS形式の保存設定
EPSオプションのエンコーディングを「JPEG 最高画質(低圧縮率)」に設定し保存してください。

カラープロファイルの確認方法

guide_rgb01

guide_rgb02



iPad版 Photoshopの保存設定

iPad版Photoshopはバージョン1.1.1で動作確認

新規ドキュメントの設定

ホーム画面の左下の「新規作成」をタップします。

【ドキュメントの情報入力】
・単位を「mm」にします。
・幅と高さの入力をします。
・解像度を「ppi」にします。

ここで入力する幅と高さは、作りたい本の「仕上がりサイズ+塗り足し(天地左右に各3mm)を足した数」です。

例えばA5サイズの本は「幅148×高さ210mm」です。

製本するには、塗り足し部分が3mm以上必要になるため、
塗り足しを四方に3mm足した「幅154×高さ216mm」を入力します。

>>原稿サイズについて

ipadps_01

データを書き出す方法

イラストが完成しましたら、完成したデータは、
念のため元データとして別にコピーを取ります。

作業が終わったデータはまずレイヤーを1枚に統合し、別の形式に保存をします。

【レイヤーの統合方法】

作業画面の右中央部分にある「…」アイコンをタップします。
最下部の「表示レイヤーを統合」をタップします。
これで全ての作業レイヤーが一枚になります。

ipadps_02

【書き出し保存方法】

画面右上の共有アイコンから「公開と書き出し」をタップします。

ipadps_03

形式から「PSD」を選択して[書き出し]をタップします。
※iPad版PhotoshopはPNG、JPEG、PSD、TIFF形式で保存ができます。
入稿はPSD形式を推奨しています。

iPadの「ファイル」やクラウドサービスなど任意の保存先を指定して、保存します。

ipadps_04

ご注意事項

iPad版PhotoshopはカラーモードがRGBモードのみしかありません。
書き出したデータはRGBのカラープロファイル「DisplayP3」が埋め込まれます。

各原稿に合わせて弊社でカラーモードの変換をします。

フルカラー原稿(表紙・口絵・カバーなど)→CMYK変換
色刷り、多色表紙、モノクロ本文 →グレースケール変換

関連リンク

  • 初めてのお客様
  • スタンダードコース自動見積&予約はコチラ
  • カスタムコース個別見積はコチラ
  • オンライン相談室はコチラ
  • 緑陽MyPageでできること
  • 箱数計算ツール
  • 緑陽社はいつでも最大40%OFF、納品数+40部増量サービス実施
  • 9/19-21〆切 10/11〆切 	10/24-25「第一回秋葉原同人祭」〆切 〆切一覧 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリジナルグッズ制作部門
  • FAQよくあるご質問
  • 同人誌づくりに役立つコラム
  • 緑陽社に行こう!
ページTOPへ