Procreate原稿作成マニュアル

Procreate(プロクリエイト)はiOSに対応したイラストアプリです。
商業から同人作家様まで幅広い層で使われており、主にカラーイラストや漫画のラフ作業に最適です。
タブレットを利用したブラシの選択やズーム、画面をタッチして直感的に操作ができるのが良い所です。

Procreate(プロクリエイト)公式:App Store – Procreate
(iPadPro2018年モデル256MB Procreate Ver4.2.5で確認)

Procreateでの保存設定

カラー表紙・カラー本文 モノクロ本文
形式 PSDのみ
原稿サイズ 実寸サイズ+塗り足し(天地左右に各3mmずつ) >>原稿サイズについて
カラーモード RGB
画像解像度 350dpi 600dpi
備考 ※表紙原稿は、塗り足し3mmと背幅を入れたサイズで原稿を新規作成してください。
※レイヤーを1枚に統合し、不透明度が100%になっているか確認の上ご入稿ください。
※本文ファイル名は、必ずノンブルと同じ番号にそろえてください。
※データの受付・確認は、基本的にはAdobe Photoshopで行います。
多色刷表紙、本文原稿をRGBでご入稿いただいた場合は弊社でグレースケールに変換します。

 

原稿作成・ご入稿の3つの注意点

1.新規キャンバスの作成

1.アプリ起動時のTOP画面メニューの1番右にある、+マークを押します。
01_pro_color

 

2.画面下の「カスタムサイズを作成」を選びます。
A5・B5などの紙のサイズは項目にないので、サイズを新たに設定する必要があります。

>>原稿サイズはこちら

 

3.画像の幅と高さを入力します。

02_pro_color

<例:塗り足し3mm分を足した数字>
B5:幅188mm高さ263mm
A5:幅216mm高さ154mm
単位は「mm」を選択して入力するようにお願いいたします。
※Procreateでは画像サイズによって使用できる最大レイヤー数が決まります。
例:B5サイズ+塗り足し3mm設定、350DPIの画像では最大レイヤー数は「53」です。
見開きで原稿作成する際は使用できるレイヤー数が減るため、
心配な場合は表紙と裏表紙でファイルを分けて作成する方法がおすすめです。

 

4.解像度の数値を入力します。
DPI(解像度)
カラー原稿:350
モノクロ原稿:600

 

5.カラーを選択します。
項目の「カラー」はsRGBとワイドカラーP3の2種類が選択できます。
「ワイドカラーP3」を選択してください。

03_pro_color

入力後、設定画面下にあるボタンのOKを押します。
最初の新規キャンバス(画像サイズを指定する画面)に入力したサイズが表示されます。

※注意:新規作成時にsRGBを選択するとプロファイルが埋め込まれず保存されてしまいます。
プロファイルが埋め込まれていない場合、お客様の作業環境を再現することはできません。

プロファイル埋め込みが無い場合、色が鮮やかになるAdobeRGB(1998)からCMYK変換を行います。

 

2.データ保存方法

1.完成したデータを入稿用にレイヤーを全て統合する。
作業中のレイヤー・効果が残った状態でのご入稿は行わないようにお願いいたします。

レイヤー画面の一番上から一番下までを指でつまみます。

中央に寄るようにスライドします。

複数のレイヤーがまとめて中央に集まるように1つのレイヤーに統合されます。
※画面サイズよりレイヤー数が多くつかめない場合には、描写したパーツ毎で統合していきます。
画面内でつかめるようになったらまとめてつかんで統合する事をオススメします。
現在、アプリに一括で全てのレイヤーを統合する機能がありません。

 

■作業時のコツ
Procreateで作成したレイヤー名は日本語入力にすると、Photoshopなどの
別のソフトで同データを開いた際に文字化けが発生しますのでローマ字入力でお願いします。

2.メニューの「共有」を選択します。
イメージフォーマットから「PSD」を選択し保存をします。

04_pro_color

 

3.iPad本体やクラウドサービスなどに完成データを保存します。

05_pro_color

  • 初めてのお客様
  • スタンダードコース自動見積&予約はコチラ
  • カスタムコース個別見積はコチラ
  • 緑陽MyPageでできること
  • 箱数計算ツール
  • 緑陽社はいつでも最大40%OFF、納品数+40部増量サービス実施
  • 8/25〆切 9/15〆切 10/13-14〆切 〆切一覧 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリジナルグッズ制作部門
  • FAQよくあるご質問
  • 同人誌づくりに役立つコラム
ページTOPへ