印刷・製本用語  

オフセット印刷とオンデマンド印刷の違い

オフセット印刷の仕組みをご存じでしょうか?
今回は同人誌でもたくさんの方に利用されている
「オフセット印刷」と「オンデマンド印刷」のそれぞれの特徴をご紹介します。

オフセット印刷

「オフセット印刷」は、図のように①版胴から②ブランケット胴(ゴムや樹脂製のシートを巻いた胴)に
転写(オフ)されたインキを用紙に印刷(セット)する方式です。

版から紙に直接ではなくブランケットを介して、用紙へ印刷するため
「オフセット印刷」と呼ばれています。

図のように②ブランケット胴と③圧胴で、用紙に高い圧を加えながら印刷します。

そのためベタや線、網点がきれいに再現され発色の良い高精細な印刷物に仕上がります。
また、印刷中の安定性も高いため小ロットのみならず数万枚の大量印刷もできます。

弊社では「AM240線」と「FM10μ」を採用しており、お客様の原稿に合わせて、
より最適な手法で高精細な印刷物をご提供しています。

▼ 鮮やかな高精細カラー
https://www.ryokuyou.co.jp/doujin/appeal/kouseisai1.html

オフセット印刷では、金、銀、蛍光色など使用できるインキが豊富に用意されています。
様々なインキを混ぜ合わせる特色インキはプロセスインキ(CMYKの掛け合わせ)では
再現できない濁りのない鮮やかな色も表現出来るため、
企業ロゴや商品カラーにも利用されています。

印刷できる用紙の種類も豊富で、メタリック系のものから凹凸のある
味わい深い紙まで多種多様な用紙に対応しています。

▼ 多色刷表紙「きほん紙」見本
https://www.ryokuyou.co.jp/doujin/materials/paper_basic.html

オンデマンド印刷

「オンデマンド(on-demand)」とは、≪ 必要な時に・必要な分だけ ≫という意味です。

「オンデマンド印刷」の主な印刷方式は「トナー方式」と「インクジェット方式」の速乾印刷で
「デジタル印刷」とも呼ばれています。

オフセット印刷との大きな違いは、印刷機に取り込んだデータを用紙に
直接印刷するため版を必要としない点です。
版制作のコストが無い分、小ロットを低価格で提供することが出来ます。
入稿から製造までの工数が短縮されるため短納期での対応も可能です。

使用できるトナーや用紙の種類には制限があり、
ベタや平網の再現性はオフセット印刷と比べればやや劣ります。
最近では各メーカーによるトナーの開発などによりその差は埋まりつつあるようです。

版を使用しない特性を活かしたバリアブル印刷や小ロット低価格など
オンデマンド印刷の強みを活かした商品の印刷に向いています。

【バリアブル(可変)印刷】 … チケット、くじなどのナンバリングや
宛名印刷など、同一レイアウトの一部内容を1部ごとに変えて印刷する事。

関連リンク

  • 初めてのお客様
  • スタンダードコース自動見積&予約はコチラ
  • カスタムコース個別見積はコチラ
  • 緑陽MyPageでできること
  • 箱数計算ツール
  • 緑陽社はいつでも最大40%OFF、納品数+40部増量サービス実施
  • 4/19〆切 GW〆切(5/2~5/6) 5/16〆切 5/17〆切 〆切一覧 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリジナルグッズ制作部門
  • FAQよくあるご質問
  • 同人誌づくりに役立つコラム
  • 緑陽社に行こう!
ページTOPへ