漫画原稿  

ファイル管理とチェックに便利なAdobe Bridgeとは

「Adobe Bridge」とは、写真などの画像ファイルや
Adobe関連アプリケーションで作成したファイルを一元管理できるアプリケーションです。

「Adobe Bridge」は単体では販売されておらず、Adobe Creative Suite
またはPhotoshopやIllustratorなど代表的なソフトに同梱されています。

見た事あるかも!
…けど、何だか分からないからインストールしなかった…という方必見です!
入稿データ確認に使える「Adobe Bridge」の機能をご紹介します。

何が出来るの?「Adobe Bridge」

PhotoshopやIllustrator形式のファイルはもちろんのこと、
eps、tif、jpgの各ファイル、またQuickTimeのバージョンで
サポートされている動画ファイルもプレビューできます。

複数の形式ファイルで作成されたデータを一度にチェックできるため、
アンソロジーなどを編集する作家さんには特にオススメです!

何をチェックするの?「Adobe Bridge」

初めに原稿データを作る時、印刷に適した設定(サイズや解像度など)で新規ファイルを作成するかと思います。

この設定を間違えたまま入稿してしまうと、出来上がる本の印刷が粗くなったり、
A5本なのに原稿サイズはB5。縮小してモアレが…なんて事になりかねません。

そこで本文入稿前にチェックすべき項目はこちら!

1)ファイル形式 … psd、eps、ai、pdfなど
2)カラーモード … モノクロ二階調、白黒(グレースケール)RGBなど
3)画像サイズ(寸法) … A5 154×216mm B5 188×263mm など
4)解像度 … モノクロ二階調:600または1200dpi、白黒(グレースケール):600dpi 推奨

★Adobe Bridgeではこれらの情報を一括で確認する事ができます!

ここでRGBデータがあったらグレーへ変換、
サイズが違うデータは修正する等、一目でチェックする事ができます。
データ作成に使用したアプリケーションや、カラープロファイルも見れます。

他には何に使えるの?「Adobe Bridge」

本を作る上で非常に大事な『ノンブル』。間違ってページがバラバラの本になっては大変です!

「Adobe Bridge」のプレビュー機能で、複数の形式ファイルで作成された
データを1ページずつ確認が出来ます。

この機能を生かして、ファイル名とノンブルが合っているかを確認しましょう!

知っていると便利な「Adobe Bridge」

ファイルを一元管理できるのは便利だけど、
結局は作ったアプリケーションに戻らなきゃ作業できないでしょ…と思いますよね?

そこで、開きたいページを「Adobe Bridge」上でダブルクリックします。
すると自動的にPhotoshopが起動し、すぐに作業が出来ます!

一つ注意点として、epsデータはIllustratorが立ち上がる事や
同種で複数のアプリケーションをインストールしてる場合は、
最新のアプリケーションが立ち上がる事もあります。

「Adobe Bridge」の環境設定を変更や、アプリケーションを
指定して開く方が良いかもしれません。

★アプリケーションを指定して開く方法
「開きたいファイルの上で右クリック」

「Adobe Bridge」に興味を持っていただけたでしょうか?
詳しい使い方はHPの「Bridgeでの便利な原稿確認方法」をご覧ください。

関連リンク

  • 初めてのお客様
  • スタンダードコース自動見積&予約はコチラ
  • カスタムコース個別見積はコチラ
  • 緑陽MyPageでできること
  • 箱数計算ツール
  • 緑陽社はいつでも最大40%OFF、納品数+40部増量サービス実施
  • 2/23-24〆切 3/8〆切 3/15〆切 GW〆切(5/2~5/6) 〆切一覧 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリジナルグッズ制作部門
  • FAQよくあるご質問
  • 同人誌づくりに役立つコラム
  • 緑陽社に行こう!
ページTOPへ