• HOME
  • 役立つコラム
  • 【オススメ】新登場iPadOS13.1でZip圧縮・USBメモリ・マウス対応も!
漫画原稿

【オススメ】新登場iPadOS13.1でZip圧縮・USBメモリ・マウス対応も!

2019年9月25日リリースのiPadOS13.1で、
原稿づくりにとても役立つ便利な機能が増えました!

絵を描き始めたい、同人活動を始めたい、iPadに興味はあるけどまだ持っていない
という方は是非参考にしてみてください。

【オススメの機能3選】
・ファイルアプリでZip圧縮や解凍が手軽にできます!
・USBメモリ、SDカード、外部ドライブ対応でデータのやり取りがグンと便利に!
・マウス操作が可能になり、アプリが操作しやすい!

今までiPadやiPhoneでファイルを圧縮・解凍するには、
ファイル管理アプリを別にインストールする必要がありました。

今回のiPadOS13.1では、標準で入っている「ファイル」アプリに
ファイルのZip圧縮と解凍機能が増えて非常に便利になりました!

※解凍機能は「伸張」という言葉が使われています。

【圧縮する場合】 【解凍する場合】

これで、データを他の人に送ったり、印刷所に入稿する場合に
データを軽くするため「PCや別のアプリでZip圧縮する」といった手間が省けます!

また、アダプタを介する事でUSBメモリやSDカード、SSDとの
データのやり取りが可能になりました。

USB、またはBluetoothマウスを接続する事でマウス操作も可能になり
アプリを動かしやすくなっています。

【iPadでのマウスの設定方法】
「設定」アプリ→項目「アクセシビリティ」をタップ。
項目「タッチ」へと進む→「AssistiveTouch」という項目があるので、それをタップ。
一番上に「AssistiveTouch」という項目があるので、タップで有効にする。
この状態になると、iPad上にAssistiveTouchが表示されます。


※iPadでUSB対応マウスを使用するには、変換アダプタを介して接続します。
Bluetoothマウスを使用するには、設定アプリで「Bluetoothをオン」にしてください。

OSが新しくなった事で「CLIP STUDIO」などのアプリで原稿を作成し、
データをiPad上でそのままWeb入稿がスムーズに出来るようになりました。
Apple Pencilの反応時間も短縮され、描画の反応速度が上がった事なども魅力ですね。

緑陽社ではiPadのアプリケーションでの入稿に対応していますのでご安心ください。
今後、更に充実するiPadのアプリも特集していきます!

>> iPadからのWEB入稿方法はこちら!

関連リンク

  • 初めてのお客様
  • スタンダードコース自動見積&予約はコチラ
  • カスタムコース個別見積はコチラ
  • 緑陽MyPageでできること
  • 箱数計算ツール
  • 緑陽社はいつでも最大40%OFF、納品数+40部増量サービス実施
  • 4/12〆切 4/19〆切 GW〆切(5/2~5/6) 5/16〆切 5/17〆切 〆切一覧 開催中のフェア バックアップイベント一覧
  • オリジナルグッズ制作部門
  • FAQよくあるご質問
  • 同人誌づくりに役立つコラム
  • 緑陽社に行こう!
ページTOPへ